4コマ漫画 英語スピーチ練習の大切さ

manga039

コータです。
今回はディスカッションクラスの授業内の出来事について書きたいと思います。
ベテランのバンジー先生のクラスではみなでディスカッションするだけでなく、最後にみんなの前で自分の意見を発表するという機会がありました。

 

ちょっとした英語スピーチですね

 

これは最初のうちは本当に緊張しました(汗)
留学から、かれこれ2年弱すぎている今なら、よしスピーチやったるか!!みたいな少し余裕な感じなんですが(笑)

 

当初は結構苦労させられましたね~

 

英語スピーチで緊張したわけ

まず、当初はスピーキングレベルや自分の意見を構成する能力が全然なかったため、喋ることが全然でてきませんでした。

 

それに、人前で英語を喋ることに全然慣れていない。。。

 

他の生徒の目も緊張感を増幅させた要因の一つです。。

 

いつも、誰が最初にスピーチするかくじ引きで決めるのですが、1番だけはとりたくなかったのを覚えてます

 

それでも、クラスメイトみんなで励ましあって、
「Go Go Go!! Don’t be shy! You can do it!! Break a leg!!」みたいなのりで授業を楽しんでいました。

 

 

それで気づいたことは、結局スピーチも場数を踏むことだなと。
毎日の授業でスピーチをやるとなったら、少しずつ緊張も和らいでくるし、スピーチに対する準備の仕方もわかってきます。

 

なにより先生が毎回評価してくれるので、自分の出来ていること、出来ていないことがすぐわかります。

 

ありがたいスピーチのフィードバック

私がよく指摘されたことは

 

★もっと長く喋りなさい
自分ももっと喋りたいけど、いかんせん言葉が出てこなかったんです。

たまにスピーチが宿題になったときは、並べく文章を多めに作るよう努力しました。そういう繰り返しで、どんどん使えるフレーズや文章をまとめる力が養われていったんだと思います。

 

★自信をもちなさい
自信をもつことは本当に重要。でも、英語力に自信がないのに、なかなか自信をもって喋ることって難しいですよね。これは、場数を踏んでいくしかないと思います。

 

そして、その機会を与えてくれるのがグループクラス授業なんです。

 

だから、フィリピン留学きたらマンツーマン授業だけではもったいないと思うわけです。グループクラスの時にみんなで楽しく、時にヒリヒリした空間が英語力を成長させてくれるわけです。

 

 

★変な手の動きをやめなさい
普段日本語で喋るときはこんなことはないのですが、なぜか英語を喋るときだけ手をバタバタさせていたようですwww

 

脳が普段とは違う部分を使用したためでしょうか
最初のうちは、英語を紡ぎだすのに必死であったため気づきませんでしたが。。

 

こういう指摘をしてくれるのもありがたいですね。
英語を喋るときに変な癖にならなくて良かったと思います。今ではこの症状はちゃんと完治しております(笑)

 

 

今回のまとめ

これは私が学校スタッフ時代の話なのですが、1人の生徒が卒業スピーチでいったことがすごく印象に残っています。
その生徒は、こう言いました。

私は入学当初に比べて、自分に自信をもつことができるようになりました。
以前の自分であれば、人前で意見を言うことなんて恥ずかしくてできなかった。
でも、授業を通して人前で発表したり、スピーチをすることで次第に自分自身に対して自信をもてるようになりました。
最終的には、このように大勢の前で卒業スピーチができるようになり、これは大変な進歩だと思います

 

そうです。英語だけじゃないんですね。
フィリピン留学で自信を手に入れた。素晴らしいですね^^

ということで、今回はスピーチの練習についての話でした。

みなさん、次回をお楽しみに~

See ya

 

現在ブログランキングに参加しています

↓↓こちらへクリックいただけると!更新の励みになります^^


留学 ブログランキングへ

 

クリックするとランキングに反映される仕組みになっております。
(1日1クリック有効です)
いつも応援ありがとうございます。