フィリピンの警備員

フィリピンの日常1コマ


コータです。
フィリピンの日常の1コマを絵であらわす1コマシリーズ。

 

今回で第13回目となります。

 

今日の1コマはこちら↓↓
keibiin2

 

ガードマン(警備員)です。
とにかく街を出歩くと警備員をよく見かけます。

 

学校、ショッピングモール、銀行などからカフェ、コンビニ、CDショップなどいろいろな場所にいます。
お金(金目の物)か人の集まる処には、警備員がいると思ったほうがよいでしょう。

 

私が気になったのは、ショッピングモールに入る際に必ず警備員がカバンの中身をチェックすることです。

 

爆発物や危険物などの有無を調べています。

毎回カバンを開けるのが面倒かもしれませんが、そこは海外なのでルールに従いましょう笑
またカバンを開けた後は必ず閉めるのを忘れないようにしましょう。

 

空いたままのカバンは、スリの格好の餌食になってしまうので。

 

警備員はもちろん男性だけでなく、女性の警備員もいます。
モールに入る際は、男性の警備員は男性のボディチェック、女性の警備員は女性と担当がちゃんとわかれています。

 

それ以外では、

 

フィリピンでは物乞い(panhandler)が少なからずいます。
彼らが物乞いのため、カフェなどに入ろうとしてくるのを警備員が追い払うという光景も目にしました。

 

警備員の存在がトラブルの抑止力になっていることは確かです。
たまに深夜に椅子に座って爆睡している警備員がいることもありますがww

 

みなさんもフィリピンに来た際は、多くの警備員を見ることになると思います。

今回はフィリピンの警備員のお話でした。

 

 

現在ブログランキングに参加しています

↓↓こちらへクリックいただけると!更新の励みになります^^


留学 ブログランキングへ

 

クリックするとランキングに反映される仕組みになっております。
(1日1クリック有効です)

 

いつも応援ありがとうございます。

 

では、また次回お会いしましょう。
コータでした。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

« »