4コマ漫画 留学1ヶ月たって感じた学校の雰囲気

4コマ漫画


manga046

 

コータです。みなさん、お元気ですか?
わたしは元気です^^

 

以前4コマで、留学4週間過ごしての英語学習状況をお伝えしました。
今回は、留学1ヶ月間すごしてみて感じた当時の学校の雰囲気を書きたいと思います。

 

日々変わる、学校の雰囲気

私の記念すべき初フィリピン留学は、今から約2年前の2012年春です。

 

Time flies.
(月日がたつのが、早い!!)

 

留学最初の2~3週間は、春休みと言うこともあって、大学生たちが多く学校はにぎやかな雰囲気でした。

 

ただ、大学の新学期がはじまる時期になると、1人、2人と学生たちは帰国し、次第に大人の生徒が多い落ち着いた雰囲気になってきました。私はどちらの雰囲気も楽しみましたが、人によっては、にぎやかなのが嫌いな場合もあるので、これから留学する人たちはいつ留学するかというのもポイントになってくると思います。

 

基本的に、春休みや夏休みなどは学生が多いです。これは日本資本、韓国資本どちらの学校にも言えることです。

 

そして、この時期は韓国資本の学校も、一気に日本人比率が増えます。

 

よく、『せっかくの留学だから、日本人があまりいない学校へ』との考えから、韓国資本の学校に行く人がいますが・・同じような考えを持つ人は多く、結果的に、韓国資本の学校にも日本人が増えてしまうことになります

 

出会いあれば、別れあり

そして、ほぼ毎週のように誰かが学校を卒業していきます。

 

特にグループクラスメイトやバッチメイト、そしてルームメイトなど仲良くなった人が卒業していくには寂しいものがありますね(私のルームメイトは、蟻とゴキちゃんでしたがww)

 

今まで楽しかったクラスの雰囲気がガラッと変わってしまうなどはしょっちゅあるんです。

 

それは、逆もまたしかりで、
ほぼ毎週のように、新しい生徒もやってきます。

 

慣れたクラスの雰囲気に、新しい人がやってくると、刺激をうけることがあります。
特に英語ができる人だとなおさらですね

 

言いたいことは、学校は生き物だということ。
どの瞬間をきりとっても、違った姿が見えるはずです

 

フィリピン留学の魅力の1つ

フィリピン留学の本質は『英語力の向上』です。
私は、フィリピン留学のおかげで英語力をあげることができました。

 

でも、それ以外にも得たものがあります。

 

 

それは、人との出会いです。

 

普段日本で、普通に生活していたら決して会うことがなかったような人たちとの出会い。彼らには本当に多くの刺激をもらいました。

 

もちろん、留学後も連絡をとったり、Facebookを通じて彼らの活躍に『いいね!』とうなずいたりww

 

皆さんも、『一期一会』を大切にしてもらいたいですね
(なかには、悪い影響を与える出会いもあるかもしれないので気を付けてwww)

 

ということで、今回はここまで。

 

次回をお楽しみにー
現在ブログランキングに参加しています

↓↓こちらへクリックいただけると!更新の励みになります^^


留学 ブログランキングへ

 

クリックするとランキングに反映される仕組みになっております。
(1日1クリック有効です)
いつも応援ありがとうございます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

« »