4コマ漫画 素朴な疑問 先生を変える?変えない?

4コマ漫画


manga047

 

コータです。
さあ、今回もはじまりました4コマ漫画。

 

今日はフィリピン留学中に生徒が感じるであろう1つの疑問について考えてみたいと思います。

 

あの先生、教え方うまいらしいよとの噂

学校では先生の良し悪しがいつも話題にあがります。

「○○先生の授業は、楽しくて最高」

「××先生の教え方は、厳しい~」

「△△先生のライティング授業は、すごい丁寧」

 

など。

 

その時に思ったのは、自分は先生を変えるべきか否か

 

ちょっと考えて出した結論は、先生を変えずに行こう!!でした。

 

答えは、簡単で
自分は今の先生たちの授業内容に満足していたし、彼らと信頼関係を築き始めていたから

 

先生を変更できるか否かは学校しだい

 

先生が変更できるかは学校次第です。

 

私が通った日本資本の学校では、週に1回先生の変更を受け付けてくれるチャンスがありました。

 

韓国資本の学校では、先生を変えるために毎週土曜日に朝一番にオフィスに行く必要がありました。人気講師をとるために朝早くからオフィス前に生徒の列ができていたのを見たことがあります。

 

学校によっては、先生の変更を受け付けていない学校もあります。
そこらへんの仕組みは、留学前に事前に確認しておくのが良いと思います。

 

 

先生を変えるメリット、先生を変えないメリット

ここでは簡単に先生を変えることによるメリットと
先生を変えないことによるメリットを書きます。(デメリットはその逆と思ってください)

 

~先生を変えるメリット~

★マンネリ化が打破できる。
これが一番ですね。
毎日同じ先生を受けていると少なからず、授業がマンネリ化してきます。長期滞在する生徒ならなおさらです。先生を変えることで雰囲気を一新できる効果があります。

 

私は、先生を自分から変更したことはありません。ただ、先生が学校を辞めてしまったため、担当の先生が新しくなったことは数回経験しました。また、先生が病気などで休んだ場合は、変わりの先生(substitute teacher)が授業を担当してくれたのを覚えてます。

 

★生理的に会わない先生や不真面目な先生をチェンジ

やはり人間ですから、生理的に会わない先生はいます。そういう状況で、続けても苦痛なだけなら、早めに変えたほうがいいでしょう。

 

~先生を変えないメリット~
★信頼関係
同じ先生をずっとうけていると信頼関係が築かれ、自分の特徴にあったアドバイスをもらうことができます。弱点や強みを知ってもらうことで、英語をのばしていくことができます。

 

先生を変えるなら

私の考えでは、先生を変えるも変えないも、生徒の自由だと思ってますw
そういう権利があるのなら、行使して問題ないでしょう。悩んでいても時間はもったいないですし。

 

学校に親身なマネージャーやスタッフがいるなら、彼らに相談してみるのもいいと思います。

 

ただ、先生を変えるときは、必ず今うけている先生に先生を変更する旨を伝えましょう。私は以前、先生に聞きました。

 

私:「何も言われずに、生徒が他の先生の授業を受けていたら、どう思う?」
先生:「そりゃ、傷つくわ」
私:「じゃあ、先生を変えるときは、事前にその先生に伝えたほうがいいね」
先生:「そうだね。ちゃんとした理由であれば、あとあと気まずくならないと思う」

 

こんな感じです。

 

 

また、先生は変えずに、担当の科目だけを変えてみるというパターンもありますよ。
先生の中にも、実はスピーキングはうまいけど、ライティングはダメみたいな先生もいますからね。

 

ということで、今回は先生を変更するか否かについて書いてみました。

 

そうそう、先生の評判に関する噂はそこまであてになりませんよw

 

「評価シート」の回でも書きましたが、ある生徒にとってはベストティーチャーでも、他の生徒ではそこまで評価がよくないということ結構あるから

 

では、また次回をお楽しみに~~

 

現在ブログランキングに参加しています

↓↓こちらへクリックいただけると!更新の励みになります^^


留学 ブログランキングへ

 

クリックするとランキングに反映される仕組みになっております。
(1日1クリック有効です)
いつも応援ありがとうございます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

« »