事件簿Case4:持ち帰り厳禁!海賊版DVDはトラブルのもと

フィリピン留学事件簿


コータです。
フィリピン留学事件簿のケース4です。

今回はこちら

帰りの空港での1コマ
dvd01

違法DVDが見つかって、警備員に止められている1コマですw

 

 

露店で売られている海賊版DVD

フィリピンではショッピングモールの近くなどに露店がたくさんあります。
食べ物を売っている店もあれば、小物なども売っています。そして、海賊版DVDもそこで売っていたりします。

 

海賊版DVDとは違法なDVDのこと。
正規のDVDのコピー品であったり、テレビで録画したものだったり、はたまた映画館の中で違法に録画されていたものだったりです。

 

 

当たり前のように売られていて、なぜ取り締まりがないのか不思議に思いますが
そこは裏でいろいろな取引がされているのでしょう。。。

 

 

空港で実際に起こった話

フィリピン留学滞在中に英語勉強のため、たくさんのこの手のDVDを買った生徒がいました。しかしフィリピンから帰国する際、荷物検査でカバンの中に入れた大量のDVDが見つかってしまったそうです。

 

そして、全でのDVDを没収されてしまったのです。
もし、その警備員やスタッフがあくどい人だったら、没収以外にも罰金などを吹っかけられた可能性もあります。かなりリスクの高い行為です。

 

特に日本人はお金をもっていると思われているので、軽犯罪が大きな金銭トラブルのもとになりえます!

 

逮捕される可能性もあるので、違法DVDは絶対に持ち運ばないようにしましょう!!

 

ちなみに、私がフィリピンで国内線を利用したときの話ですが、私の前に並んでいたフィリピン人が数百枚の違法DVDを没収されたのを見ました。
彼は観念したかのように、何も抵抗することなくDVDを没収されていました。

 

フィリピンの空港の荷物検査のスタッフは違法DVDを見抜くプロだということを忘れちゃだめですよ。

 

もし、手元に海賊版DVDがあるなら帰国する前に、処分するなり、誰かにあげるなりして手放すことをおすすめしますよ^^

 

 

みなさんもこんなことがおきないように気を付けてくださいね~

 

現在ブログランキングに参加しています

↓↓こちらへクリックいただけると!更新の励みになります^^


留学 ブログランキングへ

 

クリックするとランキングに反映される仕組みになっております。
(1日1クリック有効です)
いつも応援ありがとうございます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

« »