事件簿Case11:マニラ空港付近での悪質な詐欺にみんな気を付けて

フィリピン留学事件簿


コータです。
事件簿シリーズ11回です。
今回の記事はできるだけ、多くの人に読んでもらいたいです。

 

それは、なぜならマニラ空港付近で流行っている悪質な詐欺だからです。
1コマはこちら

sagi03

外国人が助けを求めてきています。しかし、これが詐欺なのです。

 

『カバンとられてしまった。だから助けて詐欺』 in マニラ空港

つい先日、私はフィリピンでの生活のブログを書いているとあるブログ記事を読みました。その記事とはこちら。

 

ブログ名:セブの森せんせいの日記
記事:マニラの空港で、僕も詐欺師に騙されたので100倍返しツアーについて検討を始めました。

 

この記事を読んだ瞬間に、ピンときました。
フィリピンで出会った私の親しい友人がこれとまったく同じ詐欺にあっていたのです。

 

 

超悪質な詐欺の手口

詐欺の手口は下記のとおりです。
1.マニラ空港付近で外国人が日本人に英語で声をかけてきます。
(私の友人はその外国人は自称韓国籍を名乗るアジア系だったそうです。しかし、森せんせいのブログを見るとオーストラリア籍を名乗る外国人のようです。つまり、フィリピン人ではない誰かが、あなたに近寄ってきます。)

 

2.その外国人は、ボラカイ島からマニラにやってきたが、荷物をとられてしまった。パスポートも何もない。そして、マニラから自分の国に帰る飛行機がもうすぐ出てしまう。だから助けてくれと言います。
(迫真の演技です。私の友人はこの時点で、力になってあげたいと信じてしまったそうです。)

 

3.私の友人が彼に言いました。『警察に行ってみたら、どう?』
外国人は言い返しました。『フィリピンの警察はあてにならない。全然、助けてくれない』
(確かに、マニラの警察官には悪いですが、あんまり頼りにならなそうな気がしますよね。)

 

 

4.外国人が続けます。『大使館にどうしてもいきたい。そして、それにはタクシー代とパスポート発行代が必要になる』
こんなやりとりを続けていくうちに、その外国人に同情してしまった私の友人は手持ちのお金、数千ペソを外国人に渡してしまったそうです。

 

 

5. 外国人はメールアドレスを渡して、この恩は絶対に忘れない。現金が入ったら、絶対にすぐに送金する。と言ってタクシーに乗り込んだそうです。(友人は、彼が無事にパスポートをとることを願っていました。)

 

 

6.しかし、その後何日たっても、メールにも連絡がありません。友人から連絡しても返事が返ってこない。
そこで、気づいたのです。これが詐欺だったと

 

私の友人いわく、とにかくその外国人が困っているように見えた。そして、もし自分が同じ状況になったら、助けてもらいたいと思う。
だから、自分は助けたと言ってました。

 

 

日本人はだまされやすい!?

私なりに分析すると、この詐欺は日本人ならだまされる要素がたくさん詰まっています。

 

■要素1:外国人が困っているのをほおっておけない。
まずね、我々はマニラが怖いところだと知っています。そして、マニラにいるフィリピン人をあまり信用してはいけないことも知ってます。

 

でも、外国人はどうでしょうか?それが欧米系であれ、アジア系であれ、困っていれば助けたいと思うはずです。

 

だって、もし逆の立場にいて、自分の荷物がとられて、困っていたら、助けが欲しいと思うじゃないですか。

 

■要素2:英語でコミュニケーションできてしまった。
私の友人はフィリピン留学を終え、日本に帰国するタイミングでその詐欺師に出会ったそうです。

 

つまり英語でのコミュニケーションがある程度できるようになったので、詐欺師が喋る英語を真剣に聞き、真剣にコミュニケーションをとろうとしたのです。自分は英語ができるので何とかしてあげたいという気持ちが、あだになってしまったのです。

 

■要素3:外国人は具体的に金額を要求しなかった
詐欺師は、助けてくれるならいくらでもいいといったそうです。いきなり、100万って言われたら拒絶するけどさ、いくらでもいいって言ったら少なくとも数千円ぐらいは出してしまうと思いませんか。

 

■要素4:決断をすぐに迫られた
私の友人は、帰国する直前にその詐欺師と出会いました。つまり、彼は助けるか、助けないかを短い間で決断しなければならなかったのです。
彼にもう少し余裕があれば、誰かに相談することもできたし、違った選択があったかもしれません。

 

★ この詐欺が許せない理由
この詐欺が許せないのは、本当に困っている人が今後、この詐欺師のせいで詐欺だと思われてしまうことです。
本当にはらたちますね~

 

では、どうすれば良かったのか?

一番いいのは、無視することですが、相手はめっちゃ困ってる風だから、こっちも罪悪感をいだきますよね。

 

でも、やっぱり安易に信用するのはよくないですね。
スマートなのは、お金はあげることはできないけど、お菓子や食べ物または電話代をあげてみるだったりがいいのかね。

 

でも、本当に詐欺師だったら、何も上げる必要ないんですけどね。

 

とりあえず、これだけはみなさんに覚えてほしい

 

マニラ空港で、外国人(アジア系、欧米系問わず)がパスポートがない、荷物がないと助けを求めてきたらほぼ詐欺だと思ってください。
そして、もしその人が本当に困っていそうだったとしても、決して大きなお金は渡さないでください。

 

今日は、ちょっと長文になってしまいましたが、是非これからフィリピンに行く人、またはフィリピンに行く人の知り合いの人はこのことを頭に入れておいてくださいね

 

 

 

現在ブログランキングに参加しています

↓↓こちらへクリックいただけると!更新の励みになります^^


留学 ブログランキングへ

 

クリックするとランキングに反映される仕組みになっております。
(1日1クリック有効です)
いつも応援ありがとうございます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

« »