フィリピン旅行記 ボホール島にいってきました 前編

フィリピン旅行記


コータです。
前回からはじまりましたコータのフィリピン旅行記
今回はボホール島の旅です

 

1コマはこちら

saru02

メガネザルです。英語ではtarsier(ターシャ)です。世界最小級の霊長類の生物です

 

まずはボホール島の紹介から

 

ボホール島(Bohol Island)は、フィリピン中部ヴィサヤ諸島の島であり、国内10番目の大きさ。島全体が中部ヴィサヤ地方に属するボホール州である(wikiより)

 

見どころはやはり、ターシャとチョコレート・ヒルでしょう。日本でもちょっとは有名かも

 

セブ島から出発

ボホール島へはセブ島からフェリーでいきました。これが王道のルートだと思います。
行く前日に、滞在先のホテルのフロントで、ボホール島にさくっといけるツアーないと聞いたのですが、ホテルではツアーは扱っていなくて、旅行代理店に行く必要があるとのことでした。

 

私がいった旅行代理店は、セブ島のアヤラモール4F(映画館があるフロア)にある『Grandhope Ventures』

全てコミコミのツアーなども扱っているのですが、私の場合はフェリーの往復チケットのみを買いました。

 

1100ペソだったかな。早めに購入すれば、プロモ価格で買えるよといわれたので、少しでも安くしたい人はスケジュールを早く決めて購入するのがよいでしょう

セブ島の港はアヤラ付近からタクシーで15分ぐらいです。たしか

 

そして港からフェリー(Ocean Jet)できっかり2時間
タグビララン (Tagbilaran)に到着です

 

ボホール島についてからは完全にノープランでいってしまったので、港でツアーの勧誘にあいました。

相場は1000ペソから2000ペソぐらいでしょうか。

 

バンでの1日ツアーは、最初に2500ペソぐらいで声をかけられるかもしれませんが、それは高いかもしれません

 

自分の足で歩きまわる気持ちがなかったので、値段を交渉して2000ペソ(ちょっと高い!?)でバンに乗りましたw

 

ここからはドライバーがいろんな名所を連れてってくれます。

教会 ⇒ でっかい蛇がいる場所 ⇒ ターシャ ⇒ 川下りのランチ ⇒ 蝶々がいるところ ⇒ チョコレートヒル

 

みたいな流れです

今回はここまで

次回をお楽しみに^^

 

 

現在ブログランキングに参加しています

↓↓こちらへクリックいただけると!更新の励みになります^^


留学 ブログランキングへ

 

クリックするとランキングに反映される仕組みになっております。
(1日1クリック有効です)
いつも応援ありがとうございます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

« »